宣言解除きょう判断 厚労相「実現できる状況」

政府は19都道府県へ30日を期限に発令中の新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、28日に解除の可否を決定する。菅義偉首相が27日に関係閣僚と協議して判断する。ワクチン接種の進展を踏まえ、病床使用率などの医療提供体制を重視した基準で判断する。

田村憲久厚生労働相は26日のNHK番組で、宣言の解除に関し「新規感染者の減少傾向は止まっていない。この状況でいけば実現できる」と述べた。

「まん延防止等重点措置」へ移行せず解除できるかは明言を避けつつ「非常に速いペースでいろいろな数値が改善しているのは事実だ」と語った。

経済活動との両立に向けた行動制限の緩和は「何もかもフルオープンで元の生活に戻るかというと段階的にやっていかざるを得ない」と強調した。

政府は宣言を解除した場合の酒類提供やイベント制限の撤廃の進め方を自治体と協議する。

8県に30日まで適用している重点措置の対応についても28日に決める。

弊社では、助成金の申請時に必要な書類等の案内、申請書類への記入方法等、サポートもいたします。※最終的な申請書作成および申請手続きはお客様自身でお願いいたします。ファクタリングを利用する事で最短即日での資金調達も可能です。(債務超過・赤字決算・自己破産・債務整理・リスケ中でも可能です)事業資金等にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください!!

\ 最短即日で資金調達 /

Copyright © SYSトラストコンサル合同会社. All Rights Reserved.