2.7兆円補正予算案、全額赤字国債で 政府が17日に決定

政府はウクライナ危機などを受けた物価高対策の裏付けとなる2022年度補正予算案について、歳出2.7兆円の全額を赤字国債の発行でまかなう方針を固めた。対策の第1弾として4月末に先行支出した予備費1.5兆円の穴埋めや、ガソリン補助金の延長・拡充の1.2兆円の経費に充てる。17日に決定し、今国会での成立を目指す。

一般会計総額が107.5兆円と過去最高となった22年度当初予算では、36.9兆円の新規国債発行額を計上した。今回の補正予算案により、22年度の発行額は39.6兆円規模に膨らむことになる。

22年度当初予算の新規発行額は、過去最高を見込む税収増を背景に2年ぶりに減った。与党内では夏の参院選後に大型の経済対策を求める声があり、国債発行額は今後さらに膨らむ可能性がある。

税収で返済する必要のある普通国債の発行残高は22年度に1000兆円を超える見通しだ。政府の債務残高は先進国で最悪の水準にあり、財政の悪化に歯止めのかからない状況が続いている。

弊社では、助成金の申請時に必要な書類等の案内、申請書類への記入方法等、サポートもいたします。※最終的な申請書作成および申請手続きはお客様自身 でお願いいたします。ファクタリングを利用する事で最短即日での資金調達も可能です。(債務超過・赤字決算・自己破産・債務整理・リスケ中でも可能です)事業資金等にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください!!

\ 最短即日で資金調達 /

Copyright © SYSトラストコンサル合同会社. All Rights Reserved.