塩野義 コロナ飲み薬1000万人分、国内外で生産 軽症の在宅療養に対応

塩野義製薬の手代木功社長は24日、開発中の新型コロナウイルス治療薬について、2022年3月末までに国内外で1000万人分の生産体制を整える方針を明らかにした。同社の新薬候補は軽症者などを対象とした飲み薬タイプで、実用化できれば在宅で療養する患者が使いやすくなる。国内向けに加えて海外供給にも取り組み、海外製薬会社が先行する治療薬で安定供給を目指す。塩野義は新薬候補について7月から国内で初期段階の臨床試験(治験)を始めている。日本経済新聞の取材に対し明らかにした。年内にも複数国で大規模な最終段階の治験を始め、22年3月末をめどに米国で緊急使用許可の取得を目指す。21年内に国内で100万人分の生産体制を確保する。弊社では、助成金の申請時に必要な書類等の案内、申請書類への記入方法等、サポートもいたします。※最終的な申請書作成および申請手続きはお客様自身でお願いいたします。ファクタリングを利用する事で最短即日での資金調達も可能です。(債務超過・赤字決算・自己破産・債務整理・リスケ中でも可能です)事業資金等にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください!!

\ 最短即日で資金調達 /

Copyright © SYSトラストコンサル合同会社. All Rights Reserved.