賃金の低さ際立つ日本

日本の最低賃金は、主要先進国の中では水準の低さが際立っている。内閣府によると2021年の最低賃金はフランスと英国が1302円、ドイツが1206円、米国は州平均で1060円だ。

上げ幅も鈍い。日本は新型コロナウイルス下での企業業績の悪化もあり、20年10月からの引き上げ幅は0.1%だった。英国は20年4月に6.2%、21年4月に2.2%引き上げ、ドイツも20年1月に1.7%、21年1月に1.6%上げた。分配強化の観点から最低賃金引き上げに取り組む国は多い。賃金の低迷が続けば消費意欲が高まりにくい。欧米で消費者物価が上昇する中で、日本は低迷が続いてデフレ脱却は遠く、悪循環に陥っている可能性がある。弊社では、助成金の申請時に必要な書類等の案内、申請書類への記入方法等、サポートもいたします。※最終的な申請書作成および申請手続きはお客様自身でお願いいたします。ファクタリングを利用する事で最短即日での資金調達も可能です。(債務超過・赤字決算・自己破産・債務整理・リスケ中でも可能です)事業資金等にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください!!!

\ 最短即日で資金調達 /

Copyright © SYSトラストコンサル合同会社. All Rights Reserved.