雇用減、23年まで続く 世界でコロナ響く ILO見通し、新たに1億人が貧困層

国際労働機関(ILO)は2日、新型コロナウイルス禍による雇用減の影響は少なくとも2023年まで続くとの見通しを発表しました。経済の再開で雇用環境は回復傾向にあるが、労働人口増を吸収しきれないようです。1億人以上が新たに貧困層となったとみられ、支援の継続が欠かせなくなっています。ILOによると、コロナが急拡大した20年に世界で1億1400万人の雇用が失われたが、ワクチンの普及に伴う経済の回復などで21年に1億人、22年に8千万人の雇用創出があると見込まれるようです。一見すると雇用環境が上向くようだが、世界の労働人口増も考慮すると22年時点でもコロナ禍前と比べて2300万の働き口不足になるようです。世界の失業者数は19年に1億8700万人だったが、22年は2億500万人となる見通しだそうです。

弊社では、助成金の申請時に必要な書類等の案内、申請書類への記入方法等、サポートもいたします。
※最終的な申請書作成および申請手続きはお客様自身でお願いいたします。

ファクタリングを利用する事で最短即日での資金調達も可能です。(債務超過・赤字決算・自己破産・債務整理・リスケ中でも可能です)

事業資金等にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください!!!

\ 最短即日で資金調達 /

Copyright © SYSトラストコンサル合同会社. All Rights Reserved.