きょうから東京・大阪の大規模ワクチン接種センターが開始

自衛隊による新型コロナウイルスワクチンの大規模接種が24日午前8時過ぎ、東京と大阪の会場で始まりました。今日から1週間については、東京会場は東京23区の住民、大阪会場は大阪市民に対象が限定されていて、初日のきょうは東京でおよそ5000人、大阪でおよそ2500人が接種を受ける予定です。また、31日から来月6日までの予約がきょうからホームページとLINEで募集されます。接種時には自治体から配られた接種券と予診票、運転免許証などの本人確認書類を持参する必要があります。当日は受け付け後に予診票を提出し、医師の問診を経て接種を受ます。その後、接種済み証を受け取り、別室で健康状態に変化がないかを確認します。問診や注射などの医療行為は医師・看護師資格を持つ自衛官「医官」と「看護官」らが担います。自衛隊が全国にもつ病院や基地から人材を集めました。民間の看護師も接種を補助します。ワクチン接種が終わり医療体制の逼迫が解消され、ワクチン接種が進む欧米のように渡航制限の緩和が議論され、需要回復を期待したいですね。

資金調達の手段でもあるファクタリングを利用する事で最短即日での資金調達も可能です。(債務超過・赤字決算・自己破産・債務整理・リスケ中でも可能です)

事業資金等にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください!!!

助成金コンサルティングは、助成金の申請時に必要な書類等の案内、申請書類への記入方法等、サポートもいたします。
※最終的な申請書作成および申請手続きはお客様自身でお願いいたします。

\ 最短即日で資金調達 /

Copyright © SYSトラストコンサル合同会社. All Rights Reserved.