ホストタウン、40自治体が受け入れ断念 東京五輪・パラ

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、東京五輪・パラリンピックの「ホストタウン」のうち約40自治体が、12日までに事前合宿や交流事業での海外選手受け入れを断念したようです。大会参加国・地域が新型コロナの感染リスクなどを懸念して合宿の中止を決めたり、受け入れる自治体側が地域医療への負担から断念したりしています。(ホストタウンには全国で528自治体が登録)

そして、さらに政府は新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた措置をとる「まん延防止等重点措置」の対象を群馬、石川、岡山、広島、熊本の5県に広げるようです。与党幹部に期間を5月16日から6月13日までの1カ月程度とすると伝え、14日に専門家で構成する基本的対処方針分科会を開き、政府の新型コロナ対策本部で正式に決めるようです。重点措置の対象地域は13道県に増え、緊急事態宣言は6都府県に発令されており、感染拡大が続く北海道への発令は見送るとの事です。

経済的にも、ますます苦しくなってきていますね。当社ではファクタリングを利用する事で最短即日での資金調達も可能です。(債務超過・赤字決算・自己破産・債務整理・リスケ中でも可能です)

事業資金等にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください!!!

助成金コンサルティングは、助成金の申請時に必要な書類等の案内、申請書類への記入方法等、サポートもいたします。
※最終的な申請書作成および申請手続きはお客様自身でお願いいたします。

\ 最短即日で資金調達 /

Copyright © SYSトラストコンサル合同会社. All Rights Reserved.